小顔に見えるポイント
2017.02.02

subimg01小顔に見えるポイントとしては、やはり身体とのバランスにあるといえます。しかし、顔は、部分的に痩せさせることは成功しにくく、全体に体重を落としても、顔の肉は落ちにくい傾向にあります。おしりも同じですが、やはり頬の肉が少ないほうが小さな顔に見えることは確かです。

現代では美容整形が流行していますが、中でも顔に注射を打つだけで脂肪をなくすことができる可能性の高い注射がありますので、注目されています。もちろん骨ごと削ってしまうのも効果的ですが、削らす注射でアプローチできるので驚くほど人気は高いです。すっきりとした頬は、小さな顔に見える重要なポイントになってきます。

そして、大切なのは髪形にもあります、小さい顔にみせるポイントとしては、無難なやり方だと、おかっぱ頭にするのも一つの賢い方法です。もう一つの方法としては、髪をしっかりと後ろで束ねて、すっきりとまとめる方法もあります。髪形などで小さい顔に魅せる技術は、モデルの間ではとても人気のある方法ですが、バストアップを撮影するときには大きめの肩パットで比較として小さな顔にみせ、全体の写真を撮影するときには、髪の毛をしっかりと束ねて、肩パットのない姿を撮影するという技術もあります。高いヒールをはくと全体的に顔のバランスが少なくなるので、高い靴も小顔に魅せることができるポイントです。そして、どちらかというと陰影を強く出して撮影してもらったほうが、顔が立体的に撮影でき、顔を小さく見せる効果は抜群に発揮できると人気が高いです。そして、顔を撮る場合には、全体写真を撮るときとは反対に、なるべく上のほうから撮影すると、小さな顔を作成できるポイントが高くなってきます。もちろん全体像を撮るときには、下から撮影して身長を高く、小さな顔にみせることも可能です。要するに自分の体のパーツと顔とのバランス比率を調節することが、小さい顔に見えるポイントということになってきます。時と場合に応じて、しっかりと計算して写真を撮影すると、素敵な自分を演出でき便利です。そして、顔の側面にシャドウを入れることは、多くの人々が行っている技術の一つで、かなり人気のある方法になっています。要するに光と影の分量も、小さな顔に見える重要なポイントといえます。ちょっとしたことですが、顔を小さく見せる技術を使わないのとでは、驚くほど出来上がる写真などに大きな違いが出てくるので注意が必要です。

▲ ページトップへ